京都二條園2077

かぐや姫以来、初?の京都のSF小説。2077年を舞台にした京ことばによる奇想天外なストーリー。毎週火曜日更新!!はじめてお越し頂いた方は、「第一章・第一話 その1」からお楽しみ下さい。
<!-- [FC2 Analyzer] -->

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第一章・第三話 その1「輝斗おかえり」て、どちらさんどす?

♪まるたけえびすに おしおいけ♪  
♪あねさんろっかく たこにしき♪  

 意外にも輝斗がハミングしていたのは、日頃あまり良くは思っていない、例の『昆虫型ロボット回収車・ブンブン』が流している『まるたけえびす』の唄でした。今の輝斗はまさに上機嫌そのもの、よっぽど気分がいいようです。
 ただいま彼は上林邸を始め宇治周辺数十軒の同業仲間と、京都市内の何十件かを訪ね終わり、二條園へ帰る道中でした。

「いや~。やっぱり皆、話のわかるエエ人ばっかりやなぁ~」
 行く先々で、その現実離れした話を、やもすれば「カクカクシカジカで~」というような、極めて短時間の内に説明して回ったのですが、すぐにこちらの窮状を察し、普段から仲良くおつきあいをしている同業者はもちろん、軽く挨拶を交わす程度で深い付き合いもなく、ややもすれば素っ気無い態度を取っている同業者ですら、協力する事を快く約束してくれました。
 『困った時はお互い様』の精神が、こんな時代にも京都には残っている事実に、心から感謝する輝斗でありました。

♪しあやぶったか まつまん ごじょぉ...
 こころなしか鼻歌が少しトーンダウンしたようです。

「あぁ~、そやけど今回のコレ、そないに儲かる仕事やないねんなぁ...。
560億7千万円売り上げても、儲けはチョビットしかあらへんにゃサカイなぁ。」
 ポロッと、口をついて出た本音でありました。

 お茶の卸しを引き受けてくれた同業の仲間達ではありましたが、この時期に在庫のほぼ全量を二條園に卸してしまえば、次の収穫期までの2~3ヶ月は商品が無くなってしまい、商売が成り立たなくなってしまうのです。
 しかも京都での商いの基本は、売り上げ金額云々というよりも、大切な顧客への信用をなにより大事としておりますので、今回の取り引きは、各商店にとっていささか迷惑な話でありました。
 輝斗は、そんな事情を重々承知していましたので、せめて各店の一般販売価格(上代)での買取りを提案して、交渉にあたったのでした。
 しかし、その点については、ほとんどの友人たちが『そんなんでは商売にならへんやないか?』と、逆に心配してくれたのです。
 
♪せったちゃらちゃら うおのたな♪
♪ろくじょうさんてつ 通り過ぎ♪ 
 トーンダウンしていた歌声が、いつのまにやら大きくなってきました。

「まぁ、ブツブツゆーてても、しょがないわなぁ~ 皆が値引きしてくれはったサカイ、ちょこっとでも利益が出んにゃし、ありがたいこっちゃと思わなアカンなぁ...。」

 実際、ざっと勘定してみたところ、保管や物流にかかる費用、通信費に交通費、税金など、さまざまにかかってくる経費を差し引いてしまえば、たった数十万円足らずの純利益しか残らない計算になってしまうのです。
『560億7千万円』という驚異的な売り上げの影には、驚くべき利益率の悪さが隠されていたのでした。さきほど友人たちが口々に発した『骨折り損やで』という言葉が、心にしみ入る輝斗でありました。
 
 世の中、そうそう「うまい話」は転がっていないものですね。ふふふ。
スポンサーサイト

第一章・第三話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第一章・第三話 その2「輝斗おかえり」て、どちらさんどす? | HOME | 第一章・第二話 その4「前ぶれーション」 なんぼなんでも!どこのどなたはんどっしゃろ?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。