京都二條園2077

かぐや姫以来、初?の京都のSF小説。2077年を舞台にした京ことばによる奇想天外なストーリー。毎週火曜日更新!!はじめてお越し頂いた方は、「第一章・第一話 その1」からお楽しみ下さい。
<!-- [FC2 Analyzer] -->

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第一章・第二話 その4「前ぶれーション」 なんぼなんでも!どこのどなたはんどっしゃろ?

 同じ頃、京都新高速に乗り、上林家を目指し宇治に向かって車を飛ばしていた輝斗もまた、車の中から同じ現象を見ていたのでした。
「.....。今のは、なんやったんや?
銀色のアレは...。なんやったんや?」

 子供の頃から視力にだけは自信を持っている輝斗の目には、瞬時に西の空に消えて行った雲の切れ目の先端に、銀色に輝く星のようなものが見えていたのです。これは彼の家族はおろか、輝斗以外の他の誰の目にも確認されなかった物体でした。

 しばし今の現象について考え込んでいた様子の輝斗でしたが、京都新高速を降り、宇治川沿いの道に差し掛かった時に、見なれた『平等院まで3キロ』という標識を見つけ、今おかれている現状を思いおこしたようでした。
「はぁ~、そやけど今回のこれ、皆に上手いこと説明できんのやろか?」
なんとか集められたとしても、デリケートなお茶の事です。今度は、保管場所の確保や保存方法、加えて輸送手段の問題もでてきそうでした。またしても不安な気持ちがふつふつとわいてきたようです。

「あかんあかん! まずはお茶を集めるこっちゃ...。」
せっかく二條園を出た時には、前向きな気持ちに切り替わっていたはずなのに、彼にとって、あまりにも荷の重い今回の事を、たったひとりで考えていますと、また、ブツブツと悪いクセがでてきてしまったようです。
 
 先程の現象は、のちに二條家の人々には大切な『思い出』となり『前ぶれ』と呼べるものになりましたが、世間一般では目撃者が大変少なかったうえ、写真などの投稿もなかったためか、ほとんど語られることはありませんでした。
なぜなら、その夜のニュースでは、これから京都を舞台に展開する、世界をあっと驚かせる『ある計画』が発表され、そのスケールの大きさに、今日のちっぽけな出来事はかき消されてしまったのです。
 
 さて、一体これからどう展開して行くのでしょう。

スポンサーサイト
第一章・第二話 | コメント:0 | トラックバック:0 |

第一章・第二話 その3「前ぶれーション」 なんぼなんでも!どこのどなたはんどっしゃろ?

 ふだんの二條園における商いの心配事といえば、毎月の注文、売上げが少ない場合や、卸先からの予定していた入金がない場合などですが、今回のケースは、大量注文の一括大口売上げ。しかも納品前に先払いの入金済み。
 本来ならうれしい悲鳴が上がるはずなのですが、なにせ、今まで取り扱った事も無いお茶の量をどう確保するかという問題が先行して、逆に窮地に追いやられてしまったような状態です。
 
 輝斗の乗ったバンを見送っていたミヤコと弥生は消え入りそうな小声で話をしていました。
「そやけど弥生ちゃん...、今回のことは、ウチほんま心配やわ。」
「ミヤコおばちゃんもどすか?...。」
二人とも、仕事に対しては異常なまでに責任感の強い輝斗を知っているだけに、心の底から案じていたからです。
 
 と、その直後の事です。
どこからか、柔らかくて透通るような調べが聞こえて来たのです。
 それは今まで聞いた事もない、珠玉のオペラハーモニーのような、なんとも心地良く空気を震わす『メジャー和音』でした。またそれは、遠い空から聞こえて来るようでした。

「や、弥生ちゃん! あれ、あれ」
ミヤコは思わず弥生に抱きつきました。ミヤコが指差す東山方面の空を見上げた弥生も
「へ? ひゃ~~~~~~~!」
声にならない悲鳴をあげミヤコに抱きつきました。

 東山方面の空は、雲が上下に真二つに切れ、その雲の切れ目からはキラキラと七色にも輝く太陽の光が差し込み揺れていたのです。またその不思議な光のカーテン?ともいうべきものは、瞬きをするほどのほんのわずかの間に二人の頭上を超え、さらに西の方角に伸びていきました。そして、オーロラのような尾を残しながら直線を描き、最後は西山へと消えていきました。
 東の空を振り返ってみても光のカーテンは、すでに跡形もなく、さきほどまで聞こえていたはずの『メジャー和音』もいつのまにか消えておりました。もう一度、西の上空を見渡してみても、やはりいつもと同じ穏やかな京都の空が広がっているだけでした。

 いったい今のは何だったのでしょうか?。あの上空から聞こえてきた美しい旋律、そしてその直後の光の芸術ともいうべき空中現象。
しばらく二人は抱き合ったまま、じっと空を見上げておりました。

「お母ちゃん、ミヤコおばちゃん。今のン見た?」 
そこへランドセルをしょった小学生の女の子が息せき切って、駆け寄ってきました。
 輝斗と弥生の一人娘『都々(トト)』です。
学校の帰り道、彼女も一生忘れないであろう、不思議な光景を目撃したのです。

第一章・第二話 | コメント:0 | トラックバック:0 |

第一章・第二話 その2「前ぶれーション」 なんぼなんでも!どこのどなたはんどっしゃろ?

「あ~もしもし、上林さんどすか...?
いやぁ~、いつもお世話になってます二條どす。せんだってはエライすんまへんどしたなぁ。 ・・・ いえいえ何を言わはりますやら。
こっちこそ気ぃ使こてもうて。へぇ?・・・ ハハハッ いえいえ!
ところで上林さん、今日は、ちょっと相談に乗って頂きたい事がおしてなぁ。 
へぇ。まぁ、電話で済ますのもなんどすサカイに、あとで寄してもーてもかましまへんやろか? ・・・ハァ。へぇ、 あぁ、そら、おおきに。ホナまた、のちほど。」

ガチャッ。チ~ン。カチャ カチャ カチャ・・・

「あ~おおきに、垣口さんどすか?いやぁ~、いつもお世話になってます二條どす。
ハハハ・・・こないだはエライおおきに。 ・・・いやいやいや ・・・」
 
 輝斗は次々に心当たりの同業仲間に電話をかけていきました。
その横でミヤコと弥生は、小声で話しておりました。

「そやけど弥生ちゃん。今までいっぺんも取り引きさしてもうてへんのに、先にお金までキーッチリ振り込んでもろて。商売としてはありがたい話なんやけど...」
「そうどすな...。けどぉ~商品があらへんいう事では、どもならしまへんしねぇ。
いやぁ~、そやカテこんだけのお茶を、どないしたら集められるっちゅーにゃろねぇ。
おばちゃん、これがホンマの『無茶』いいますんやろかね~
うふふ...」
 
 場をなごますのも京女の努め...とはいえ、実際にはそんな悠長な事を言っている場合ではありませんでした。
というのも、市場に流通しているお茶袋の最も大きいサイズ、いわゆる大袋でも一袋に二百グラムしか入りません。お茶一トンを大袋で換算すれば五千袋にもなります。
今回の『ジョニーK/フロム・イーストコースト』さんからの注文合計が770トンですから、先程の計算でいきますと、実に大袋で385万袋になります。
もっとわかりやすく考えれば『10トン』トラックで約八十台分。

 これから、お茶の収穫期を迎えるこの時期とはいえ、途方もないお茶の量であることには変わりありません。
いやはや、まさにこういうのを『無茶苦茶』と言うのでしょうか。ふふふ。

「あ~おおきに、橋本さんですか?いつもお世話になってます二條どす。
ハハハ・・・いやぁ~、こないだはエライごっつぉになりまして。
いやいやいや・・・ほんにきずつないこっとしたわ・・・
ところで、今日はちょっと折り入った話がありましてな、ハァ。へぇ・・・ 
ほな、後でよしてもらます。はいはい、へぇ、ほな、おおきに」 ガチャッ。

「中井さんですか?いやぁ~、ご無沙汰してます、輝斗です。ハハハ・・・
いやぁ~、お母さん、おおきにおおきに。 ・・・いやいやいや ・・・」

 とまぁこんな調子で、輝斗はあっと言う間に同業の五十件ほどに電話をかけ、次々とアポを取っていきました。やはり、いざ!という時にモノを言うのは、日頃の付き合いと人望なのかもしれません。

「ホナわし、ちょっと出てくるわ。」
骨董品さながらの受話器を電話に戻した輝斗は二條園のロゴが入った、これまたちょっと古臭い時代遅れの型の配達バンに乗り出かけて行きました。

「お父ちゃん、おはようおかいりやすぅ」
「輝ちゃん、気ぃお付けやっしゃ」
弥生とミヤコは、二條園のバンが見えなくなるまで軒先きで見送っていました。

第一章・第二話 | コメント:0 | トラックバック:0 |

第一章・第二話 その1「前ぶれーション」 なんぼなんでも!どこのどなたはんどっしゃろ?

「なんぼなんでも!
560億7千万円て、どこのどなたはんどっしゃろ?
ほんでコレ...。何のお金やろ? ウチ、なんや恐いわ。」
と、弥生は震える声で言いました。

560億7千万円...。

 この数字は、二條園創業以来の過去三百余年にわたる総売上を、はるかにしのぐ金額でした。しばらく3人は無言でその場に立ち尽くしていました。

「これ、ケタ間違うたはるんと違いまっしゃろか?」
ミヤコは、誤記説を言い出しました。

「ウチらしらんまに、事件かなんかに巻き込まれてしもたんとちゃうやろか?」
弥生は、事件説を言い出しました。
 
「そうや!
こらぁ、裏社会組織のマネーロンダリングや、そうに決まったるわ」
最後に当の主人である輝斗までもが、訳のわからない陰謀説を言い出す始末でありました。

 その後、三人は各々さまざまな可能性をひとしきり話しあいましたが、その内に思い付く事もなくなり、またしても無言になってしまいました。

 振込明細書を囲むように見ていた彼らが、最後に注目したのは、唯一の手がかりとなる振り込み名義人欄。そう、今まで全く聞いた事もない
『ジョニーK/フロム・イーストコースト』
という名前でした。

「ジョニー、ジョニーK...、ジョニーK/フロム・イーストコースト...」
しかしくりかえし口にしたところで、まったく見当もつきません。

 しばらく頭をひねり続けていた輝斗でしたが、突然何かを思い付いたかのように、注文商品の合計金額と振込金額が合っているかどうか計算をし始めました。
 その後、ガサガサとお店の在庫をチェックしてみたり、倉庫から出て来たと思ったら、急に頭を抱えて考え込んだりと、ずいぶん悩んでいる様子です。
 またそれからも、店内をウロウロして、小一時間ばかり落ち着かない状態が続きましたが、急に立ち止まり、目を瞑って黙って腕を組んでいたかと思うと、
次の瞬間!

「よっしゃ! まずは上林さんに電話や!」

 大きい声でそう叫ぶと、彼は例のパノラマティック・扇フォンではなく、骨董品さながらの古い電話器のほうを手に取り、江戸時代から続く宇治の老舗へつなぎました。

第一章・第二話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。